南仏陶器 白釉のサントン人形 ポワソニエール 高さ19.5cm [20161101-26]

南仏陶器 白釉のサントン人形 ポワソニエール 高さ19.5cm

サントン人形は小さな聖人の意味があり、クリスマスが近づきアドヴェント(キリストの誕生を待ちわびてクリスマスの飾りつけを開始する時期)に入ると、教会ではクレーシュというキリスト誕生の場面を人物大の大きさの人形で再現した場面が作られます。
南仏では家でも飾れるようにと、18世紀にマルセイユの人形作家が小さな人形を作ったのが始まりだそうです。
普通のクレーシュと違い、プロヴァンスのクレーシュには、羊飼いや近所のおばあちゃん、マルシェで働く人などもキリストのお祝いに駆け付けた風景になっています。
フランス王国退廃後、贅を尽くしていたキリスト教(カトリック?)の教会なども攻撃を受け、教会でクレーシュが再現されないときまたは教会が閉鎖されお祈りができない時に流行ったものとも聞いています。

南仏の作家フランシスラスクーという作家のもの、またはそのご子孫の作品ではないかと思います。
白い釉薬がかかった作品は珍しく、ごく最近21世紀に入ってからのお品ではないかと思います。

表現が細かく、魚や、ポワソニエールの女性の洋服のドレープなども必見です。
美しいサントンです♪

※ 古いものです。
鼻が少し擦れている、釉薬にムラ、釉薬の削げが少し、裏に素地ムラによる亀裂が1か所、付属品の網は切れ目があります。

商品詳細

サイズ(およそ) 高さ19.5cm ベースの直径約6cm
梱包を含んだ重さ 750g以内 
発送後の商品到着の目安 1週間〜2週間ほど。フランスの郵便局や税関の都合で稀に1か月ほどかかる場合がございます。
他の商品をお買い上げの場合 同梱ができる場合は合計金額がお安くなる場合があります。

他の写真

  • 魚の網もついています♪
    雰囲気ばっちりですね。
  • 白釉が美しい
  • 素敵なお品です♪
南仏陶器 白釉のサントン人形 ポワソニエール 高さ19.5cm [20161101-26]

販売価格: 6,800円(税込)

数量:

Facebookコメント

☆追跡番号送料込みの価格表示です!☆
手紙以外の小包には追跡番号が付いています♪

不明な点はお問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせ大歓迎です!